ハッピーライフ
興味のあることを紹介します。子供が生まれたら子育て日記みたいになると思います。
プロフィール

ヒロパパ

Author:ヒロパパ
ようこそ。ゆっくりしていってね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういうことじゃ無いんだけどな~・・・・
三洋の「eneloop」とコラボ、ウィルコムW-SIM端末のプロトタイプ
t3gw3y3wt4_550x412.jpg

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/36006.html

1年前、Softbankがここまで純増1位を続けるなんて誰が予想したでしょうか。
まさに携帯戦国時代といってもいいくらいの激戦が続いていますね。

その中で苦境が続くのが、DocomoとWillcomです。
Docomoは底力があるので、CMに力を入れたりと必死に挽回を図っている最中です。まだ厳しいですが。。。
Docomoって価格が高いイメージがあるのですが、実際はそこまで高くはなく、高いという固定概念というかイメージに苦しめられているキャリアですね。

私が今回言いたいのはキャリアに抱くイメージって大事だなということです。

その点を含めて今一番厳しいのがWillcomです。

まだ一応純増を確保しているものの、どんどんその数が下降の一途を辿っています。先月も+11,300にとどまりました。
このまま行くと、純減が見えてくるのですが、今の業界でそのニュースが一番厳しい。
一度でも純減に転じると、「もうWillcomは駄目だ。。。PHSは終わりだ。。。」というイメージが定着してしまうからです。

それは、新規顧客の獲得にも影響を与えるし、現在契約中の顧客にも影響を与えます。

一度の純減により、一気にキャリアの衰退を加速させることに繋がりかねない。それぐらいイメージというのは大事だと思います。
だから今のWillcomは一番の踏ん張り時と言えます。

でも。。。いいニュースが無いよな~。。。
Willcomユーザーのためいきが聞こえてきます。。。


先に紹介した写真&記事も、頑張っていることなんでしょうが、これを見て「じゃあWillcomを選択しよう」なんて人はいないです。

契約者数を確保するには、マニアックな端末だけでなく、もっと大衆向けの高性能な端末を多数発売することや、Softbankに完全にお株を奪われた定額制の料金を見直すことなのですが、底力の無いキャリアにそれは難しい。。。
また、多くの資金を使って、ホワイトプランを一気に日本中に普及させたSoftbankにいまさらイメージで対抗できる手段もない。(ホワイトプランよりもWillcomの定額の方がいいとイメージ付けるための底力がない。)
まさに悪循環に陥っています。

前に契約していたキャリアとして、頑張って欲しいな~と思っていますが、こんな具体性の無いニュースばかりではこりゃアカンわ。。。と思っているのも事実です。

ぬか喜びさせるだけではなく、Willcomがいいんだ!というイメージ転換の起爆材を投入して、Willcomを応援してくれる人達にブログ等を使ってどんどんアピールしてもらう・・・という風にならないと、本当に厳しいですね~。

総合的に見るとMNP開始によって携帯キャリアのサービス合戦が活性化した結果のうちの一つですから、今後もイメージをめぐる合戦が続くことは私達消費者にとっては嬉しいことですね。
スポンサーサイト

テーマ:WILLCOM - ジャンル:携帯電話・PHS

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://banananbanana.blog24.fc2.com/tb.php/1045-eb941975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。